うにくろ。

ハガレン・ポケスペ・伊賀ずきんを扱った二次創作サイト『雲丹』のブログ。初めての方は「このブログについて」をお読み下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


この間からちまちま読んでいた『伏 贋.作・里.見八.犬.伝』
読み終わりました!
以下感想なのでちょっとでもネタバレいやんな人は読まないでね!


「捕.物帳」、「贋.作.八.犬.伝」、「伏.の森」と分けると
三つの物語が含まれていて、それぞれが一冊の本に
なっていてもおかしくない内容でした。
逆に言うとそれぞれが濃過ぎて一冊にまとめるのは勿体ない
というか、メインである猟師・浜.路と伏達の対決がいまいち
あっさりし過ぎていた印象だし、伏達の事情ももっと詳しく
読んでみたかったです。
(本の厚さ的には十分なボリュームでしたが^^;)

解説で書かれているようにアクション、怪異、恋愛ものなど
重点を変えるだけでさまざまな作品が作れそう。
実際にラブストーリーを重点に置いたのがあの映画
なんでしょうね。まだやってるのかな。
原作読む前は浜.路と信.乃に普通にニヨニヨしてましたが、
読んでみたら毛.野と雛.衣にもへたので二人が出て
なさそうな映画は観ないかもしれません。
ああでも宮野ボイスで「きゃんっ」とか鳴く信.乃は見てみたいv
いや映画で言ってるかわからんけどv

というか調べてみたら雛.衣って大元の原作だと
大.角の妻なんですね。なぜその人選にしたし。
あと荘.助出てきたっけ?と思って見返したら禿の一人だった。

「贋.作~」の中では愛憎表裏一体な姉弟がもへでした。
『赤.朽葉.家~』にも生霊と女装男子(?)が
出てきた気がするけど、桜庭センセ好きなんだろうか^^;


拍手ぽちぽち押してくださりありがとうございます!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://unicro.blog46.fc2.com/tb.php/728-2ddc9dd8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。