うにくろ。

ハガレン・ポケスペ・伊賀ずきんを扱った二次創作サイト『雲丹』のブログ。初めての方は「このブログについて」をお読み下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
間が空いてしまい申し訳!

22日は久々に拙宅主催で絵チャ会を行いました!
ここしばらくブログの更新が滞りがちで人が集まるか
心配だったものの、お馴染みの方や初めての方、
お久しぶりの方と予想を反する盛況で有り難い限りでした!!///

内容もすごかったというか、怒涛の展開でしたvv
最終巻だし入室設定は全年齢対象にしようかなーと
思ってたけどしなくて良かった(笑
やっぱりリンランとえろすは切っても切れないね!(・ω<)b

絵チャレポはなるべく近いうちに…とは思ってますが、
いっこ描いて一緒にupしたいものがあるので遅れるやもです;
全員メイドが良いのかフーさんは執事が良いのか。


では以下追記でハガレン最終巻感想です!↓↓


<表紙・背表紙>
とある方が「最終巻のタイトルロゴのカラーは鋼(銀)色」と
予測していたのを見てなるほど!と納得してました。
めっちゃキラキラしてるー!(笑
背表紙は機械鎧ときましたか。なるほど終わりっぽいです。
作者コメのところのマグカップと荒川牛乳ほしい。

<カバー裏>
お父様2連発。最後までシン組はネタにされないなぁ…。
背のネタバレ防止って今更…(コミックス買ったらまず
カバーめくる人)(まぁ本誌読んでますけど)。
挙げるとしたらホー・グリ・おとんかな。


<本編>
こちら本誌時に書いた感想です↓↓

第107話感想
第108話感想①
外伝感想

ランファンさりげなく庇うグリはマジもゆるわ。
あとオリヴィエ少将と言い争ってるの可愛い。
ふと思ったんですけど、エドだけでなくリンも身長伸びたり
してたんですかね?ランファンとの身長差が
開いてるようなそうでもないような。
十代なんだから伸びててもおかしくないですよね。
(あ、でもホムクル時は伸びてないのかな)

「行ケ」のランファンは相変わらず漢前過ぎる
何あの子何あのポジション。
ロイアイは白黒反転絵で描き下ろしあったけど
いまいち不完全燃焼だなぁ。もうちょっと何かやってほしかった。
ハボの足はアニメでマルコー先生の賢者の石使って
治されてたから、そっちに描き換えられるかな?とも思った
のですがそのままでしたね。
まぁリハビリを乗り越えて戻ってくるって方が
荒川センセらしいと思います。

どこかのインタビューでメイちゃんの遠隔練成は
エドの腕の時のこと考えて設定したとか何とか読んだような。
メイちゃんのキャラっていまだにチートというか都合良すぎるというか、
場に馴染めてない感を感じているんですけど、でも
アルに頼まれてボロボロ泣くところにはぐっときました。
(あと決して嫌ってはいません)
しかし最後の写真は成長しすぎだろvウィンリィより伸びてない?^^;


<おまけ>
シャオメイ、メイと一緒に急成長vv巨大化してたら
面白いと思ったけど実際見てみると完全にギャグですねv
4コマはアルとセリム分が多いなり。
アルの「10もらったら11返せよ」がたくまし過ぎて惚れる。
というか元(?)国家錬金術師の兄が何で弟からお金
借りてるんだよとvこれだからヒモでニートは…(お
黒セリム笑ったv巨大化はあの豆粒サイズからの成長を
考えるとむしろ想定内ですv
かんでる兄さんが兄さん過ぎて最高でした。

そしてコミックス描き下ろしの3ページ。
ホーエンとトリシャの約束ってやっぱり「(家族と)一緒に老いて死ぬ」
でいいんですね。なんかいまいちはっきり言ってくれなかった
気がしてたんですけど、これですっきりしました。
子供のような顔でトリシャさんと話すホーが眩しい。
トリシャさんの「あらもう来たの?」とか意外とさっぱりした感じが
好きです(病で亡くなったせいか病弱なイメージが抜けない)。

<その他>
複製原画絵はほしいけど純銀時計はいい!高そう!!
大全が来年夏発売予定。これに今度こそ
読み切り版ハガレン載せてくれないでしょうか。
あとリンランリンランりんりんらんらん!!!!!


以上。
最終巻出たら終わった実感湧くかもと前に書いたのですが、
いまいち湧きませんとですね。
まぁ、もちょっと色々かみ締めてみようと思います。
それも踏まえてまた後日何か書きます、多分。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://unicro.blog46.fc2.com/tb.php/436-03974ef8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。