うにくろ。

ハガレン・ポケスペ・伊賀ずきんを扱った二次創作サイト『雲丹』のブログ。初めての方は「このブログについて」をお読み下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※この記事は旧日記の再掲です(多少修正あり
 なんで載せたかって理由と補足は次の記事にて。



今週のソウルイーターの話(※アニメ13話)はガンガンで
読んだ時から好きでしたvマカが漢前過ぎる!!///
女の子がああやって戦う姿は燃えるものがあります。萌えじゃなくて燃えね。
あと相手が女の子に対して手加減しないのも好きです。
それにしても容赦なさ過ぎでしたけどね。顔だけはやめて!!(>△<。)


男性と女性が戦う場合、男がなるべく傷つけずに戦おうとするのと、
手加減せず戦うのどちらの方が良いのでしょうか?
上でも言っているように私はどちらかというと後者派です。
ネギまのエヴァの言葉を借りると

「自ら戦う意志を持って戦いの場に立った以上女も子供も男もない
 それは等しく戦士だ 戦いの手を緩める理由は存在しない」


だそうですが、まさにその通りだと思います。
別に私も女の子がボロボロになるのを見たい訳ではなく(当たり前田)
手加減せず戦うというのが男が女を“対等”に見ている感じがして
好きなんですよね。


でも男性が女性を傷つけずに戦おうとするのも好きです。
というより“女性と戦おうとしない”って言い方のが合ってるかな?
例えば『ソウルイーター』のソウルは、マカに本で殴られても
絶対手を挙げなくて、そういうところが好感が持てると思います。
逆にブラック☆スターは遠慮なく殴りそうだなぁ;ていうか実際やってたか。

このサイトのジャンルで例を挙げるとエドは絶対気遣いませんね。
男女平等って言ってパニーニャ殴ってたし(笑
アルは紳士だろうなぁ。大佐も普段は紳士ですけど、
ラストとの戦いを見ると敵に対しては女性だろうが容赦ない感じです。
リン様も恐らく大佐と同じでしょうね。この2人は何となく似てるなぁ。

そういえばグリードは思いっきり「女と戦う趣味はねぇ」って言って
ましたね。うん、エドとグリード比べるとグリードの考え方のが好きです。
ストーリー的には女だからと言って手加減せず戦うのが好きで、
キャラクター的には女とは戦わない言う奴が好きってことかな?
よくわかりませんねすみません。


ネギまのコタロー君も女は殴れん言ってて好きです。
でもコタは本気を出さなくて負けた(いや本気出してても相手のが
強かったけど^^;)こともあるしそれは情けないというか何というか。

個人的にベストだと思うのは、男性が相手の女性より圧倒的な実力を
身につけていて、それを見せる、わからせることかな。
柳生編の銀さんなんかは自分が狙われている状態にも関わらず
最小限の攻撃で九ちゃんを戦闘不能にさせてましたね。
あれには感心しました。惚れるわ銀さん(お
コタローもまほら武道会で相手の女の子に攻撃を加えず
風圧で飛ばして場外負けさせた所はかっこよかった!



そんなわけでまとめると
「男はおなごを戦わずして負かす強さを身につけるべし」
ってことで!頑張れ男の子!(えぇー
そもそも男の力は女を守るためにあんねん!!ヽ(゜□゜)ノヌアー

なんか論点から否定する言葉が出始めたので以上。
長々と語ってすみませんでした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://unicro.blog46.fc2.com/tb.php/195-2ea25cff

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。